サヴォアのチーズ

上級科第7回は フランス・サヴォアのチーズ特集

スイス、イタリアと国境を接するサヴォア地方はチーズの名産地として名高い所です。
2005年に初めてチーズ製造現場を訪れたのがサヴォアだったこともあり、
雄大な山の姿や木々のそよぎが今でも鮮やかに蘇ってきます。

IMG_20170919_105533.jpg

今回のラインナップは
1.パヴェ・ダフィノワ 2.ブルー・ド・ボンヌヴァル 3.ルブロションAOP
4.ペルシエ・ド・ティーニュ 5.トメット・ド・シェーブル・ボージュ
6.トム・ド・サヴォア 7.アボンダンスAOP

IMG_20170919_105618.jpg

手前の小ぶりのチーズは トメット・ド・シェーブル・ボージュ
奥のチーズが トム・ド・サヴォア
トムTomme は山岳地帯で作られる小型のチーズという意味ですが、
トメットTometteは さらにトムよりも小さなものを意味します。
二つのチーズを並べてみると、大きさの違いがよくわかりますね。

IMG_20170919_122052.jpg

ルーセット・ド・サヴォア2015 フランジ― ドメーヌ・リュパン
ルーセット種(アルテス種)100%のこのワイン、サヴォアのチーズとのペアリングは抜群!

IMG_20170919_124221.jpg

サヴォア地方の郷土料理 タルティフレット
材料はジャガイモ、ベーコン、タマネギ、生クリーム、チーズ。
乳製品(生クリーム)が絶品なので敢えてホワイトソースは作らないのがサヴォア流。
チーズはルブロションやエメンタール・ド・サヴォアなど土地のチーズを使います。

IMG_20170919_140106.jpg

サヴォア風サラダ
オリーブの木が育たない寒冷地のため、クルミオイルを使うのが一般的。
マスタードは 生徒さんのパリ土産 マイユのマール・ド・ブルゴーニュ

サヴォア地方は ポールボキューズ、アラン・シャペル、トロワグロなど
フランス最高峰のシェフを輩出した美食のメッカでもあります。

Print Friendly, PDF & Email