上級科 第8回

IMG_20161018_103456.jpg
IMG_20161018_103456.jpg

チーズ講座上級科第8回のテーマは 「フランス・ピレネー地方のチーズ」

今回はアキテーヌ、ミディ・ピレネーのチーズを特集しました。
牛乳製チーズより羊乳や山羊乳あるいはそれらの混乳製チーズが多いのが特徴です。

今回は 山羊乳4、牛乳1、羊乳1、羊+山羊乳1という贅沢さ♪
1.コンポステル 2.ベトマル・シェーブル 3.トム・ド・シェーブル・モンターニュ
4.ブルエット・シェーブル 5.トラップ・エシュルニャック 6.アベイ・ド・ベロック
7.トム・ド・ブルビ・エ・シェーブル

合わせたワインはカオール・シャトー・ピレネ2011
すべてのチーズと素晴らしいマリアージュでした。
羊乳チーズにブラックチェリーのジャムを合わせるのがバスク流の食べ方ですが、
このジャムはコンポステル以外のどのチーズとも相性がよかったです。

IMG_20161018_123938.jpg
IMG_20161018_123938.jpg

最近葉野菜が高くてなかなか手が出ないですよねー・・・
でも、今日はクルミ油を使ったドレッシングでたっぷり食べて頂きました。
ピレネー地方は高地なのでオリーブ油ではなくクルミ油を使ったお料理が多いのが特徴です。
クルミも軽く炒ってトッピング。体にもすごくいい木の実なんですって。

デザートにピレネー訪問時に何度も食べたガトー・バスクを再現して出したのですが、
パイ皮がイマイチでした。私の苦手なパイ生地は今後の課題です。

DSC01067

Print Friendly, PDF & Email